1/9

石垣の住宅

大分県別府市
用途:住宅・事務所

規模:鉄骨造 2階建 275㎡
施工:直営工事

1階を事務所、2階を住宅とした建物です。
建て主からの主な要望は、正面には極力開口部を設けないようにしたい、シンプルでモダンな外観の建物としたい、の2点でした。
周辺建物が近接し、採光やプライバシーが確保しにくい状況であったため、外壁部分に周辺環境とのバッファーゾーンとして大小3か所の凹みを設け、この
凹み部分に大きな開口部を設けることで、隣地との距離を確保しつつ採光を得る計画としました。

また、この凹みにより、周囲からの視認性の高い東側および北側の壁面を分節することで、住宅の立ち並ぶ周辺環境とのスケールを調整しています。